こんにちは日本酒遅咲きです。

仕事を早めに終わらせて東京駅に向かった。
北陸新幹線のチケットと駅弁を買う。

目的地まではたったの1時間。
駅弁を食べて仕事のメールチェックをしていたらあっという間に着いてしまった。

1日半の夏休みを軽井沢で過ごそうと
思い立ったら、いても立ってもいられなくなって先週会社に申請をだした。

駅を出ると18時という事もあり東京では信じられないくらい涼しい。

猛暑で苦しめられた体が一気に蘇る。

北口から、まっすぐな道に沿ってぶらぶら5分くらい歩くと
右手にカウボーイ映画に出てくる大きなウィスキー樽がある店を見つけた。
アメリカみたい。
ケビンズバー?

IMG_7325

開け放たれた扉から中を覗くと白い壁に絵画や、ワッペン、
バーボンや、ウィスキーの瓶が飾られている。

IMG_7320

カウンターの向こう側からひょいと顔を覗かせたのは、短く刈り込んだ白髪の男性。

 

IMG_7322
笑顔が恵比寿様みたいで瞳の色がわからないくらい目が一本線になってる。
腰に酒屋さんがつけるような昭和レトロな前掛けで
1人?
?少しイントネーションが?

何処からきたの?

何しにきたの?

まだ、入るとも決めていないのに、人なつこい笑顔で
聞いてくる。

質問を交わしながらスパークリングワインを頼んだ。
カウンターにスッと滑らせたワイングラスと交換にワンコイン、500円を渡した。
スパークリングワインはロゼのような色合いでとても飲みやすい。
すっと汗がひくような気がした。

ビール、スパークリングワインはワンコイン。
安い!
店の左右に座れる場所もあるが、店主の笑顔と、店のアメリカンな雰囲気に釣られちゃった ここはスタンディングでしょ!

カウンターにある生ビールのサーバーの持ち手が刀の柄になってる、面白い。

IMG_7333

今度はこちらが質問する番。
アメリカ人?イギリス人?
名前は?
何処から来たの?
このお店は何年営業しているの?などなど。

彼の名前はお店の名前そのまんま。
ケビンさんは1963年生まれのミシガン州デトロイト出身。
日本語は私より上手いかも。
恵比寿に住んでいたのにそこで女性店主の立ち飲みバーに触発されて、軽井沢にお店をオープンした。
ここに来て6年。
だから軽井沢の美味しいお店で口コミに出ていない穴場とか、良いお店をたくさん教えてくれる。

周りに美味しいお店がたくさんあるから、このバーではあえて食べ物は用意していないんだって。
チーズとか、簡単な乾き物はやはりワンコインであるらしいけど。

昔からの友達みたいに話しが止まらないでいる間も次々にお客様が来店される。
トランクを引いた若いカップル。

一杯飲んで新幹線で東京に帰る別荘族。

軽井沢のお店で働く店員さんが仕事終わりに。

IMG_7335
このバーは、これからの始まりに?1日の終わりに、何処かに行く途中に、外国人、日本人。
そして若い人から、年配のかた、1人でも団体でも、まるで渋谷のスクランブル交差点みたいにいろんな人が行き交っている。

車できた人達には、飲まないで運転する人の最初の一杯は犠牲者割引きでタダだよ。
ジュースは7種類あるからね。
とケビンさんが言う。

犬も店内OKでペットに優しい。

IMG_7323

あら素敵!
こう言うのがアメリカンスピリッツね。

お酒は安いし、話しは楽しい、来店のお客様は皆んな優しくて夏休みでゆるゆるな女子一人飲みでも大丈夫。

夏休みする!って向かった避暑地。
そこで偶然みつけた。

新幹線降りて5分で巡り会っちゃった。

10時近くなると流石に寒い。
そろそろホテルに向かおうかな。

又来たいな。

休みは夏と冬では若干違うかもしれないから、フェイスブックをチェックしてねとケビンさんに言われた。
女の子一人でも安心なお店だからね!
いつでも来てね!

これはくせになる!
ケビンさんの笑顔とホスピタリティは最高なアミューズメントだった。

Kevin’s Bar
ケビンズバー

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東12-6
0267-27-0439
18:00-23:00
定休日 水曜、木曜
不定休はフェイスブック参照
https://m.facebook.com/KevinsBarKaruizawa/